連合宮崎 〜これまでのニュース〜
2017/8/5 「2017連合平和行動in広島」への参加について
 2017年8月5日(土)〜6日(日)にかけて「2017連合平和行動in広島」に連合宮崎から5名が参加した。(全体参加者総数   人)
 5日(土)は、13時から、原爆投下後も悲しみに暮れる広島の街を走り続け、市民を勇気づけた「被爆路面電車」に乗車し、「被爆路面電車 乗車学習会」に参加した。15時からは、猛暑の中、広島平和記念公園において「ピース・ウォーク」に参加し、原爆投下72年の歴史を学んだ。
 17時から上野学園ホールにて「連合2017平和ヒロシマ集会」が開催され、主催者代表あいさつとして逢見事務局長、来賓として中下広島県知事、谷広島副市長、国際労働組合総連合会(ITUC)のヤープ・ヴィーネン書記次長よりあいさつを受けた。
被爆者から証言では、広島県原爆被害者団体協議会の廣中さんより、5歳の時に原爆が投下され、その悲惨な情景や、被爆し翌日に亡くなった父親の姿を、生々しく語られ、最後に戦争は決して、してはならないこと、原爆は作らない、使用しないことなどを強く訴えらえた。
 その後、高校生平和大使メッセージ、ヒロシマからの平和アピールを採択し、集会は閉幕したが、この集会では、毎年、連合宮崎西諸地区会議が取り組んでいる平和を願い作製した折鶴を献納させていただいた。
 集会終了後は、20時15分から会場を原爆ドームに移し、参加者全員による献水、献花を行い、原爆で命をなくした方への慰霊、平和への祈りを捧げた。
 残念ながら、台風の影響で6日の行動は出来なかったが、戦後72年を迎え、戦争を経験された方の高齢化は更に深刻さを極め、語り継ぐことが年々難しくなってきていると改めて感じさせられた。私たちはこの経験を生かし、他の仲間に伝えていく義務があると考え、今後とも平和行動への積極的な参加をしていく。

20170807144741_10.jpg  1624764bytes 20170807144741_12.jpg  1596018bytes 20170807144741_14.jpg  1625916bytes
「被爆路面電車の前で」
   今日一日ガンバロー
「ピース・ウォーク」で説明を受ける 「連合2017平和ヒロシマ集会」開会
20170807144741_16.jpg  1617139bytes 20170807144741_18.jpg  1515587bytes  
西諸地区会議による折鶴献納!  「原爆ドーム」前で!  



[閉じる]