連合宮崎 〜これまでのニュース〜
2017/6/15 2017年度 部落解放共闘宮崎県民会議 人権学習会
 部落解放共闘宮崎県民会議(佐藤真議長)は、2017年6月15日(木)19時より、宮崎市ひまわり荘において、「2017年度人権学習会」を開催しました。
講師に部落解放同盟福岡県連合会吉岡正博書記長をお招きし、「人の世に熱あれ人間に光あれ」と題しての講演では、教育、就労、結婚、福祉等において今日も部落差別は現存していること、社会の不安定化と自己責任論のなかで後退する人権・部落問題意識、部落差別の実態、後を絶たない陰湿で悪質な戸籍・住民票等の個人情報不正取得事件、インターネツト上の差別事件、今年で狭山事件発生から54年が経過し、第3次再審請求をして11年目を迎えた狭山第3次再審のたたかいを詳しく提起されました。2016年12月16日に施行された部落差別の解消の推進に関する法律を説明し、部落差別の撤廃と人権社会確立にむけて、みなさんとともに連携して取り組んでいくことが重要と訴えられました。

20170619111426_10.jpg  1584287bytes 20170619111426_12.jpg  1594007bytes 20170619111426_14.jpg  1517664bytes
  <人権学習会スタート> < 各団体から50名の参加 >   <部落解放同盟
     吉岡正博書記長>
 
 



[閉じる]