連合宮崎 〜これまでのニュース〜
2017/4/29 「第88回連合宮崎中央メーデー」
 連合宮崎は、4月29日(土・祝)10時より、宮崎市大淀川緑地にて「第88回連合宮崎中央メーデー」を宮崎中央地域協議会と共催にて開催し、組合員とその家族約1,300人が参加した。
 主催者を代表して挨拶に立った連合宮崎佐藤会長は、地震により今なお多くの皆さんが不自由な生活を強いられている。改めて労働運動の原点である「助け合い・支え合い」の気持ちを持って被災地の一日も早い復旧・復興に向けて最大限の取り組みを進めていかなければならないと述べた。また、現在の取り組みとして@長時間労働の根絶、A2017春季生活闘争、B第48回衆議院議員選挙等について触れ、「8時間は労働、8時間は睡眠、8時間はわれわれの自由に」というメーデーの原点に立ち返って取り組みを行っていきたいと述べた。
 来賓として多くの方々にご列席をいただき、代表して河野宮崎県知事、戸敷宮崎市長、満行社民党宮崎県連代表、渡辺民進党宮崎県連幹事長から激励と連帯の挨拶をいただいた。
 その後、スローガン、メーデー宣言、特別決議をそれぞれ採択し、最後に宮崎中央地域協議会甲斐議長によるガンバロー三唱で式典を終えた。
 第2部として、宮崎中央メーデーとしては初めてとなる構成組織と友誼団体によるブースの展示と子ども向けの遊具、移動販売車を設置し、参加者は思い思いにブースを見て回り楽しんでいた。また、連合宮崎青年委員会・宮崎中央地域協議会青年女性委員会によるお楽しみ抽選会を行い、多くの歓声があがるなど盛り上がった。

20170512100435_10.jpg  161221bytes 20170512100435_12.jpg  184902bytes 20170512100435_14.jpg  223837bytes
 < 佐藤会長あいさつ >    < 参加者 > <バルーンマジックイベントようす>
20170512100435_16.jpg  203011bytes 20170512100435_18.jpg  186824bytes  
 < ブースのようす > <抽選会・・労金ツカエルさんと>  



[閉じる]