連合宮崎 〜これまでのニュース〜
2016/11/25 都北地域協議会第20回定期大会開催  
連合宮崎都北地協は11月25日(金)18;00より都城メインホテルに於いて組合員107名が参加して第20回定期大会を開催した。
 議長団に都城市職労、吉國雄一郎代議員と住友ゴム労組、野崎辰夫代議員を選出後、各種役員選出後、主催者を代表し、谷口議長(南酪労組)は、今春闘は中国経済の不透明感や円高が急速に進み経済環境の潮目が変わったとの認識が大企業で進みベアが抑制された。
 第87回メーデーについて、熊本地震発生後2週間後の開催ということもあり例年より若干少なかったが1000名の参加はあり盛況に開催できた、
 第24回参議院選挙結果報告、組織拡大中々出来ない状況の中で聖天労組の産別離脱は非常に残念な結果ではあるが今後も皆さんのお力を借りながら組織拡大や西諸地区会議との交流会等々も含め今後1年間活動に取り組んで行こうと挨拶した。
 来賓として佐藤真連合宮崎会長、行政代表西留文夫都城市役所総務部長、連合推薦議員代表満行潤一県議、労働福祉団体代表全労済安部康弘支所長それぞれからお祝いの挨拶を受けた。また、激励には連合推薦市議会、町議会議員、退職者会、福祉団体も激励にお出で頂いた。
 その後、2016年活動報告、会計報告、2017年度運動方針(案)、予算(案)を満場一致で可決承認後、その他、都北地協結成からの歴代三役一覧及び産別、単組のあゆみを添えつけ説明し、大会宣言及び
スローガンを採択し、最後に森山業議長代理(高原町職労)の団結ガンバロウで大会を終了した。
 その後、例年通り100名の参加者で1年間の総括懇親会も盛況のうちに終了。
 代議員、来賓の皆様ご苦労様でした。

20161206135207_10.jpg  477155bytes 20161206135207_12.jpg  474859bytes 20161206135207_14.jpg  479495bytes
< 吉國代議員・野崎代議員 >  < 谷口議長あいさつ >
20161206135207_16.jpg  511825bytes 20161206135207_18.jpg  464532bytes  
 < 佐藤会長ごあいさつ >  < 大会のようす >  



[閉じる]