連合宮崎 〜これまでのニュース〜
2015/9/8 労働者保護ルールの改悪阻止に向けて街宣行動を実施!
連合宮崎は、現在国会で審議されている労働者派遣法の改悪が審議のヤマ場を踏まえることから、9月8日(火)17時30分より橘通交差点において労働者保護ルールの改悪阻止を図るための街宣行動を実施した。
街頭でマイクを握った佐藤連合宮崎会長は、『現在国会で審議されている労働者派遣法の改正案は、「生涯派遣で低賃金」を拡大する改悪であり、私たちの子や孫、今の高校生や大学生が社会人となる将来、「正社員の求人が大幅に減り、就職先といえば、雇用が不安定で低い賃金しか支払われない派遣会社ばかり」といった社会になってしまう。』『次期国会には、長時間労働を助長する「残業代ゼロ法案」や解雇の金銭解決制度が審議入りしようとしており、これらの労働者保護ルールの改悪を絶対阻止していかなければならない』と、行き交う人々に訴えかけた。

20150909160522_10.jpg  2639296bytes
<改悪阻止を訴える佐藤会長>
 
 



[閉じる]