連合宮崎 〜これまでのニュース〜
2015/8/10 宮崎県知事へ政策・制度の要請行動を実施!
連合宮崎は、8月10日(月)9時45分より、佐藤会長を始めに連合宮崎より8名、そして宮崎県退職者団体連合、宮崎県人権・同和教育研究協議会、宮崎県難病団体連絡協議会、社民党宮崎県連合、民主党宮崎県総支部連合会からの参加者を含めた16名が出席し、「2015年度政策・制度要求と提言」について、河野宮崎県知事に対して要請を行った。宮崎県への要請は、暮らしと雇用の安定・向上に向けて毎年実施しており、今年度は50項目について要請を行った。
 初めに、佐藤会長より河野知事へ要請書を手交し、「加盟組織、関係団体から寄せられた意見・要望であり、一つでも多くの項目が実現できるよう、前向きな検討をお願いしたい。」と挨拶した。その後、参加者より要請項目の中から@ワーク・ライフ・バランスの取り組み促進、A自転車走行の安全確保、Bマイナンバー制度の円滑な実施、C選挙権年齢引き下げに伴う教育の充実について、要請項目の考え方を含めて説明を行った。
 要請を受けた河野知事からは「要請項目については、今後の県政に向けて参考にしていきたい。」と応えられた。
 今後は、要請項目に対する県からの回答を受け、連合宮崎政策部会にて協議を行い、個別部長協議において実現に向けた取り組みを行っていく。

20150811101256_10.jpg  1556745bytes 20150811101256_12.jpg  1588627bytes
  < 要請書を手交 > < 要請項目について説明 >
 
 



[閉じる]