連合宮崎 〜これまでのニュース〜
2015/6/23 2015連合平和行動in沖縄
連合宮崎は、6月23日(火)〜25日(木)に「2015連合平和行動in沖縄」に参加し、構成組織及び地協・地区会議より14名が出席した。
 23日は、世界遺産首里城、対馬丸記念館を訪れ、その後、那覇市民会館で開催された「平和オキナワ集会」に参加した。
 「平和オキナワ集会」には、全国の地方連合会及び構成組織より約1360名が参加した。第1部は、白梅学徒隊の中山きくさんの証言映像の放映が行われ、その後、連合平和行動の開催地である沖縄・北海道・広島・長崎の地方連合会の青年によるパネルディスカッションが行われた。第2部は、平和式典で、主催者あいさつ、地元歓迎あいさつ、来賓あいさつ、来賓紹介、平和メッセージ、ピースリレー、平和アピールを行った。
24日は、フィールドワークとして辺野古海岸、道の駅嘉手納(嘉手納基地)、嘉数高台公園(普天間基地)、旧海軍司令部壕を訪れ、沖縄の現状を目の当たりにした。その後、17時より全ての地方連合会・構成組織が参加し、「米軍基地の整理・縮小」と「日米地位協定の抜本改定」を求める集会を沖縄県庁前で行い、国際通りにてデモ行進、シュプレヒコールを行った。
 25日は、沖縄平和祈念公園、糸数壕(アブチラガマ)、ひむかいの塔(宮崎出身者慰霊碑)、ひめゆりの塔(平和資料館)を訪れ、ひむかいの塔では亡くなられた方に献花してご冥福をお祈りしました。
 参加者からは、「戦争を二度とおこしてはいけない。次の世代に伝えていかなければならない。」との感想が聞かれた。

20150721150916_10.jpg  313843bytes 20150721150916_12.jpg  3805404bytes 20150721150916_14.jpg  275627bytes
 <平和行動参加者>  <平和オキナワ集会>   <辺野古海岸>
20150721150916_16.jpg  345861bytes  
<国際通りのデモ行進>  



[閉じる]