連合宮崎  
map mail
HOME 連合宮崎とは これまでのニュース 地協だより 連合宮崎加盟組織 リンク
事務局長の部屋 組合とは・労働相談室 宮崎中央ふれあいユニオン 退職者団体連合
事務局長の部屋

主張
No.13 ちょっといい話!
 このコラムを担当して、1年が経過しました。毎月テーマに悩んでいます。
 私、この春から横山会長に代わって、「財団法人電通宮崎育英会」の理事に就任しました。今回は「主張」ではなく、そこで見聞きしたことを書かせていただきます。
 公立高校生10,000円、私立高校生15,000円、災害等遺児学生10,000円。
 これは、「財団法人電通宮崎育英会」が、1981年にスタートさせた奨学金制度の現在の支給月額です。昨年度は公立高校奨学生12名、私立高校奨学生2名の合計14名が奨学金を受けました。育英会では、年によって多少の増減はありますが、毎年15名前後の高校生に奨学金を支給しています。
 奨学金制度がスタートしたのは1981年、当時は「第2次交通戦争」の真っただ中、交通死亡事故が多発していた時期です。交通遺児になってしまって高校進学を断念しなければならない、そういう家庭も多かった時代でした。全電通労働組合宮崎県支部(当時)は、労働組合として社会的に価値のある労働運動の一環として、1979年から2年間労働組合内部で組織討議を行い、1981年に奨学金制度をスタートしたそうです。
 いつしか交通遺児への奨学金制度は、経済的に苦しい生徒全般を対象としたものになっていきました。
 事業資金の中心は、支部名義の労働金庫出資配当です。宮崎県労働金庫発足以来、労働組合が営々と築き上げてきた労金運動の結晶です。出資配当利率は、ピーク時は8%ありましたが、いまは4%、必要な額の半分程度しかありません。不足する分は、各職場に募金箱を設置しての職場募金の他、チャリティコンペ、チャリティビアホール等、創意工夫をこらした募金活動、団体からの寄付、広告収入など、それで足りないところは、繰越金を取崩して事業を継続しているのです。
 この奨学金制度の特徴は、年2回のスクーリング参加のみが必要条件で、返済不要、学歴条項もなし。学歴条項なしということは、つまり、学校からの推薦だけが必要で、生徒の成績は選考に影響しないのです。返済不要との事ですが、当初は返済をしてもらっていたのですが、だんだん未納者を追いかけていくのが困難になり、貸与から支給になったそうです。
 今年度は32名の応募がありました。応募者の状況を考えると、資金があればすべてに支給をという状況でした。しかし、悩みに悩んで15名に絞り込みました。今後スクーリングを2回実施しながら、奨学生の皆さんが、しっかり学習できる環境を作っていきます。
 このような育英会事業を行っているのは、全国の情報労連の中でも宮崎だけ、組織の良心と情熱が紡いできた事業です。育英会の吉田理事長(連合宮崎会長代理)は、「本来ならこのような事業は、行政などが担うべきものだと思う。しかし、必要なのであれば我々が頑張って続けなければと考えている。」と話しておられます。
 希望の格差が少しでも小さくなるように、連合宮崎も頑張ります。


HOME連合宮崎とはこれまでのニュース地協だより連合宮崎加盟組織リンク
事務局長の部屋組合とは・労働問題相談室宮崎中央ふれあいユニオン退職者団体連合
Copyright 2007 日本労働組合総連合会宮崎県連合会(連合宮崎)