連合宮崎  
map mail
HOME 連合宮崎とは これまでのニュース 地協だより 連合宮崎加盟組織 リンク
事務局長の部屋 組合とは・労働相談室 宮崎中央ふれあいユニオン 退職者団体連合
事務局長の部屋

主張
No.03 JR南延岡駅に望む
 私が小さい頃、JR南延岡駅の北東端に機関庫があった。機関庫というものは、まさに機関車の寝床とでも言うべきもので、蒸気機関車が主流の時代、D51やC57などが機関庫に並んでいた。父が乗る自転車、(いつの頃からか)バイクの荷台に乗っていわゆる「まち」に行き、用事が済むとねだって南延岡駅に連れて行ってもらい、駅の端っこでひたすら汽車を見ていた。機関庫の前には転車台というものがあって、機関車が戻ったり、引き出されたり、向きを変えられたりしていた。
 蒸気機関車が消えて久しいが、南延岡駅ではかなり長い間機関庫が放置されていた。だんだん朽ち果て凄みを増していく機関庫については、存続を求める署名運動も起こったが願いは叶わず取り壊され、線路もはずされ更地になった。もともと南延岡駅はかなり広い敷地があったが、東側は順次線路がはずされ売却、だんだんと住宅が建ち並んできた。
 この夏、機関庫跡で建設工事が始まった。結構大きな建物のようだった。事務所のような、倉庫のようなものが建ちあがってきた。ある日、壁に文字が書き込まれた。「OPUS」、ご存知の方も多いと思うが、新たな遊技場が駅東に誕生することとなった。駅西側にもすでに遊技場がある。JRも土地を高く買ってくれるところに売ったのか。
 新しい娯楽の殿堂がオープンすると、毎日のように通いつめる諸兄も多くなると思う。自分の財布と十分相談して、趣味の範囲で楽しんでいただきたい。ただ、せっかく駅周辺にまとまった土地が出現したわけで、その活用策について、万人が利用できる施設の建設はできなかったのか、少し残念に思う。
 県北地協の議長を退任するとき、地協の政策制度要求の一項目として、南延岡駅の駐輪場の充実を求めようとしたことがあった。無論、機関庫跡に建設を望んだわけではない。建設場所は、現在も駅の西側に雨ざらしの駐輪場があるが、狭くてみすぼらしい。西側のフェンスを東の方に少し引いていただいて、そこに新たな屋根付の駐輪場を建設してはいただけないか。建設費は、できたら県と延岡市から出してもらえないかと都合のいいことを考えていた。宮崎・佐土原方面から延岡への通勤者は多いし、高校への通学者の利用も多い。来年から県内の高校の普通科では、学区が撤廃される。延岡から市外の高校普通科に通学する生徒、延岡市内の高校普通科に通学する生徒、電車での通学生は多くなるのではないか。あらためて駐輪場、加えて、通勤者用の駐車場の整備など、公共交通機関利用者へのサービス向上を望みたい。


HOME連合宮崎とはこれまでのニュース地協だより連合宮崎加盟組織リンク
事務局長の部屋組合とは・労働問題相談室宮崎中央ふれあいユニオン退職者団体連合
Copyright 2007 日本労働組合総連合会宮崎県連合会(連合宮崎)